ナビゲーションを続行することにより、Cookieまたは同様のテクノロジーを使用してナビゲーションを追跡し、カートを更新し、関心に関連するコンテンツを配信し、次回の訪問時にあなたを認識し、接続を保護します。

close

MAISON MONTAGUT
Family history

メゾン モンタギュは何世代にも渡ってフレンチスタイルを追求してきました。長年培ったノウハウを活かし、カシミヤやシルク、独自開発したフィル・ルミエールなどの上質素材を使用したニットウェアを生み出しています。

1880 - In the beginning

南仏のサン・サヴール・ド・モンタギュ近くの渓谷を拠点としていた青年実業家のアドルフ・ティンランドは、当時の工業ブームの時流に乗って、川の動力を利用した絹糸工場を設立しました。

1880-はじめに

1900 - The succession

絹糸事業は息子のガストン、そしてその後3世代に渡って引き継がれました。

1900-エステート

1925 - Silk stockings

20世紀初頭から第一次世界大戦までの間に、パリはファッションの中心地として知られるようになりました。第一次世界大戦が終わるとすぐに、ジョルジュ・ティンランドはヴァランスに絹織物の工房「ボヌトゥリ・セヴノル」を設立しました。1925年、彼は初めて「モンタギュ」のネームでシルクストッキングを販売し、それが現在に続くブランドの始まりとなりました。

1925モンタガットシルクストッキング

1944 - During the Second World War

多くの地元企業と同様に、ボヌトゥリ・セヴノルもトラックの貸し出しや難民の受け入れなど、レジスタンス運動を支援していました。この頃、ジョルジュ・ティンランドは最も上質な商品を求める顧客へ高級ランジェリーの生産を始め、今日に至るブランドの方向性を決定付けました。

1944 戦争中

1950 - New materials

戦後はシルクをはじめとする多くの天然素材が不足していました。この大きな問題に対応するため、ランジェリーやストッキングにナイロンやレーヨンが徐々に使用されるようになりました。そしてこの頃、現在のロゴの先駆けとなるお花のマークが初めて登場しました。

1950 新素材

1963 - Creation of the Fil Lumière

1963年、ジョルジュ・ティンランドの義理の息子であるレオ・グロは、友人と共にシルクを模した人口糸を開発しました。このユニークな素材は「フィル・ルミエール」と名付けられましたが、彼は当時、自分の発明がブランドの知名度を高めることになるとは想像もしていませんでした。彼は進取の気性から世界中を旅し、フィル・ルミエールのポロシャツは中東やインドシナで広く知られるようになりました。

1963 創造 Fil Lumiere Montagut

1986 - Fully-fashioned garments

レオの息子であるピエール・グロのリーダーシップのもと、ウールやコットン、カシミヤのフルファッションニットのノウハウを培い、さまざまな天然素材を使用したポロシャツやセーターをフレンチコレクションに取り入れ始めました。

1986 完全に作られた

1992 - Acquisition of Pôles

モンタギュは、クリエイティブで高品質なニットウェアブランド「ポール」を買収し、以降ノウハウや価値観を共有しています。

Pôles 1992

2000 - Conquering the Asian market

モンタギュは中国で最も有名なポロシャツブランドの一つです。ピエール・グロは、ブランドの特徴であるエレガンスさを保ちつつも、2000年以降、プレタポルテのコレクションに商品展開を拡大したいと考え、アジアを中心に多くの店舗をオープンし、アクセサリーなどさまざまなアイテムを販売しました。

2000 アジアの征服

2018 - The company today

1880年には小さな工房でしたが、今日では多国籍企業となり、140年以上も卓越したフレンチスタイルを生み出し続け、そのノウハウを守るために努力し続けています。現在は6代目のマリーヌとニコラが引き継ぎ、家族の伝統に支えられたニットブランドに独自の現代的なタッチを加えています。

今日のメゾン・モンタグ様式
Discover the family history
MAISON MONTAGUT Discover the family history

Adolphe Tinland: The founder

アドルフ・ティンランドは、工業化が急速に進む世界で、変化の重要性を理解していました。この新しい世界で、自分の技術(彼はもともと製糸業を営んでいました)だけでなく、地元の価値を表現したいという思いに駆られた彼は、投資を決意し、卓越した技術と専門性を基盤とした絹糸工場を設立しました。

アドルフ・ティンランド

Gaston Tinland: The industrialist

アドルフ・ティンランドの長男ガストン・ティンランドは、1925年に約50人の従業員を雇用し、電動機械を使用したニットとストッキングの工房を設立することにより、事業の発展と工業化に成功しました。

ガストンティンランド

Georges Tinland: The creator of the Montagut brand

1920年代半ば、アドルフ・ティンランドの息子ジョルジュ・ティンランドは、ヴァランスに絹織物工場「ボヌトゥリ・セヴノル」を設立しました。彼は新しく戦略的な方向性を打ち出し、「モンタギュ」というブランド名で高品質のランジェリーやストッキングを製造・販売しました。また、現在のグループ本社があるギレラン・グランジュに第二工場を建設してシルクストッキングの生産量を増やしました。この転換は、特にストッキングが徐々に大衆向けのアクセサリーになりつつあったことも手伝って、ブランドの繁栄に繋がりました。

ジョルジュティンランド

Leo Gros: The inventor of Fil Lumière

工学を学んだ後、レオ・グロは父親の染色工場を継ぐため、顧客の一人であったジョルジュ・ティンランドと接触します。その後ジョルジュ・ティンランドの娘と恋に落ち、彼の義理の息子となったレオ・グロは、シルクのような質感を持つ人工糸を開発し、「フィル・ルミエール」と名付けました。彼は旅の途中、中東やインドシナでフィル・ルミエールのポロシャツを広め、現在ではブランドの看板商品となっています。

ビッグレオ

Pierre Gros: Conquering an international market

1986年、ウールやコットン、カシミヤのフルファッションのニットのノウハウを得て、モンタギュはピエール・グロのリーダーシップのもとに世界的な名声を博しました。21世紀はモンタギュをさらにグローバルなブランドにしたいという彼の熱意により、ブランドの特徴であるエレガントなスタイルを維持しながら、アジアを中心に多くの店舗をオープンし、商品の幅を広げていきました。

ピエール・グロス

Marine Lozet-Gros: Current MD

現在のCEOであるピエール・グロの娘、マリーヌ・ロゼ・グロは、ブランドのベースとなる価値観を尊重しつつも、現代的なスタイルを強化してきました。彼女は一族の歴史や創造とコミュニケーションに関連するすべての分野において、その未来を担う存在であり、ファミリーの6代目を代表しています。

海洋ロゼグロ

Nicolas Gros: Current MD

マリーヌの兄ニコラ・グロは、長年の財務管理の知識により、会社の経営に対する鋭いアプローチを身につけました。コンサルタントを経験した後、家業に加わり、2012年にはオンラインストアを立ち上げるなど最新のテクノロジーを導入しました。

ニコラス・グロス
グロ・ニコラスとマリン・ロゼ

Nowaday

今日のボヌトゥリ・セヴノルでは、6世代に渡って継承された伝統を守るため、ピエール・グロを筆頭に子孫たちが経営に携わっています。


0